広島の外壁屋根リフォーム会社の選び方


広島の外壁屋根の特徴

 

広島は中国山地があるおかげで冬の降雪量が少なく、また夏も瀬戸内海のおかげで過ごしやすい気候です。

 

海が近いと、普通は屋根や外壁が痛みやすいのですが、瀬戸内海の波は穏やかであるため、比較的潮風の影響を受けない地域でもあります。

 

そんな広島県ですが、1970年代の高度経済成以降に団地が次々と形成されました。

 

これらの住宅がリフォーム対象の築年数に到達していることから、膨大な量のリフォーム需要が生まれ、全国的にもトップクラスのリフォームの盛んな県になっています。

 

大手のリフォーム会社もこうした広島の需要を見込んで次々と店舗を増やしており、地元のリフォーム会社と熾烈な競争をしてるのが現状です。

 

団地を作る際は、山を切り開いて団地を作っていきます。

 

このような団地ではハウスメーカー系の建売住宅が多いので、安い建売イコール外壁や屋根材も安いものを使用しているケースがほとんどです。

 

住宅の費用の約3割は屋根と外壁と言われます。

 

外壁や屋根材は質の悪いものでも新築の時の見た目は変わらない為、素人が商品の良し悪しを見抜くのは困難です。

 

そのため、安く家を販売したいハウスメーカーは屋根材や外壁材を安いものにして見た目は奇麗な家を新築として売っているワケです。

 

安く家を建てることで、すぐに外壁が痛み、その補修費用を考えるとかえって高くつくなんて事態に陥ります。

 

もし、築年数が10年やそこらで、外壁や屋根がボロボロならそれは、安い材質の屋根外壁材だといわざるを得ません。

 

下地がしっかりした丈夫な外壁材なら、急激に劣化することがないので痛みが出ても塗装をすれば問題はありません。

 

しかしながら、下地が痛んでボロボロになってしまうと、塗装ではきれいに仕上がらなかったり、下地の補修にお金がかかります。

 

仮に外壁が欠けたり割れたりしても、外壁自体が丈夫なら痛んでいる部分だけ外壁を張り替えて、その上から塗装すればいいのです。

 

多少の劣化はパテで補修してから塗装するので、見た目もそれほど気になりません。

 

しかし、極端に痛んでしまうと張替えか上張りになるのでコストも塗装の倍くらいかかります。

 

もしお使いの外壁材が窯業系(ようぎょうけい)で厚みが薄い厚さ12mmの製品だと反りが発生しやすいです。

 

ちなみにこの厚さ12mmの製品は2008年2月以降は製造中止になっています。

 

それ以降の住宅では14mmから16mmの物が使用されています。

 

当然厚い方が丈夫です。

 

でも薄い方が工事しやすいんですよね。

 

金額も安いので昔は12mmの商品がたくさん出回っていたわけです。

 

今となっては、薄い外壁は反りが発生しやすくクレームになるので建材メーカーさんも気を付けているようです。

 

クレームと言えば、屋根にも劣化しやすい商品があります。

 

スレート屋根といわれる一般的な屋根なのですが、ニチハのパミールという商品が2008年まで販売されていました。

 

この屋根は食べ物のバームクーヘンみたいにぺらぺらと剥がれてくる性質を持ち、建てて10年ちょっとでボロボロになります。

 

もともとスレート瓦は定期的なメンテナンスが必要な屋根なのですが、このパミールという商品は塗装しても塗装ごと剥がれてきます。

 

補修方法としては一度剥がして下地からやり直すか、上からかぶせるカバー工法で屋根を直すしかありません。

 

屋根や外壁は30年くらいで寿命を迎えますので、家の建て替えのサイクルが50年とするならこれを機に思い切って新しい屋根外壁にするのも手ですね。

 

外壁屋根をリフォームするなら、商品選びは慎重に行いましょう。

 

海が近いと金属は錆びやすいので、海岸線に近い住宅は金属を避けるのが無難です。

 

海から1キロ以上離れていれば、塩害の被害は少なくなるので、金属の外壁や屋根がオススメです。

広島の内装水回りリフォーム会社の選び方


広島の内装水回りリフォームの特徴

 

広島の団地は山を切り開いて形成されている関係で、大雨や台風の際の土砂災害には注意が必要です。

 

しかしながら、近年多発する異常気象や想定外の豪雨などは避けようがありません。

 

また、こうした高台にある団地では地域的に水圧が低い場合もございます。

 

水圧は高いところほど下がる性質があります。

 

もし水の出が悪いようなら家に加圧ポンプを取り付けて水圧を高めることもできます。

 

古い団地では水道管が老朽化していて水が鉄臭かったり錆が出るなんてこともあります。

 

水道メーターから敷地内はそのお家の管理で、修繕はすべて自己負担です。

 

メーターから道路側は市の管理ですので、もし家の前の水道管が破裂しても直接お金は払う必要はありません。

 

こうした水道管の老朽化による修繕費は、上下水道の料金に含まれています。

 

つまり、お住いの市町村により水道料金が高いか安いかは、水道管の補修にかかる費用が多いか少ないかということになります。

 

せっかく建てた家ですから出来る限り快適に住みたいですよね。

 

リフォームで失敗しない為に、会社選びは慎重に、時間をかけて行う様にしましょう。

 

広島のオススメリフォーム会社3社のクチコミ紹介

広島はリフォーム会社の数が多いので、リフォーム会社は選びたい放題です。

 

山間部や都市部から離れた田舎では多少業者選びで苦労するかもしれませんが、それでも都市部から業者を呼べばいいのでリフォーム会社が見つからないとったことにはならないです。

 

複数社から見積りを取る場合は、一括見積りサービスを利用するといいです。

 

以下、地元の業者にリフォームを依頼する場合のメリットとデメリットです。

メリット
・会社が近所なので呼べばすぐ来てくれる
・地元の業者なのでアフターが期待できる

デメリット
・一社で決めると他社との比較ができない
・相見積りが取りにくい、断りにくい
・商品やプランが希望通りにならないことがある

 

地元の業者に頼む場合でも、ネットの見積り一括サイトから見積りを申し込むことでデメリットを回避できます。

ネットで見積りが最強の理由
・一括見積りサービスを利用し、比較検討できる
・常に価格競争しているので、最安でリフォーム可能
・相見積りを取られることが前提なので断りやすい

 

地元の業者に見積りを依頼した場合、以下の様なパターンで失敗する事があります。
・他から見積りを取られまいと粘られる。返事を急かしてくる。
・相見積りが取りにくい雰囲気になり、断りにくい空気になる。
・凄腕の営業が担当になり相手のペースで話が進み、いつの間にか契約した。
・1社で決めてしまった結果、相場より高い金額で契約した。
・1社で決めてしまった結果、希望とは違うリフォームプランになった。

上記の失敗例は、1社からしか見積りを取らない事で発生する事例です。

つまり、相見積りを取っていればこのような失敗は起こりません。

複数社から見積りを取ることで、金額だけでなく、商品やリフォームの方法などを比較でき、最適なリフォーム会社にリフォームを依頼することができるわけです。

その為に、相見積りを取られることが前提の会社、つまり「一括見積りサイトに登録している会社」に的を絞って見積り依頼することが大切になります。

一括見積りサイトは以下の人気記事の中で紹介していますので参考になれば幸いです。

■人気記事
≫リフォーム会社一括見積り3選
≫外壁・屋根リフォーム会社一括見積り3選

 

引用:https://gdnavi.com/2020/02/10/リフォームは地元の業者には頼まない方がいい場/

 

【オススメ1】 株式会社サンハウス


所在地:広島県安芸郡海田町浜角7-2
≫株式会社サンハウス

★サンハウスは、リフォームした後も安心してお住まいいただけるよう アフターサービスを特に大切にしています。
施工後3年間の無料点検の実施や、 休日・夜間も緊急の場合は対応しております。

★『価格から選べるリフォームメニュー』もご用意しています。
マンションや戸建住宅のリフォーム、すべてのデザイン・設計から、資金計画までお手伝いしておりますので、 「キッチンを広くしたい」「浴室が寒い」「外壁の塗り替えがしたい」「デザインを変えたい」など、 お住まいのことでお悩みなことお考えなことなどございましたら、まずはお気軽にご相談ください。
引用:https://www.refonavi.or.jp/shop/2033/

 

【オススメ2】 オールハウス株式会社


所在地:広島県安芸郡府中町八幡1丁目4−23
≫オールハウス株式会社

オールハウスは、1976年に“困った人を助けたい”という想いから創業し、新築・リフォーム・不動産・賃貸と、住まいに関わることをトータルサポートできるよう事業展開してきました。

経験豊富な一級建築士や女性の現場監督もおり、現在のお住まいの不便さやお悩みを解消し、お客様の暮らしに合わせた末永く快適に暮らせる住まいづくりをご提案しております。中古物件の購入や資金計画などもお任せください。
引用:https://www.refonavi.or.jp/shop/536/

 

【オススメ3】 株式会社ゲイナンハウス


所在地:広島県大竹市立戸3丁目11-2
≫株式会社ゲイナンハウス

廿日市店・大竹店の2店舗体制で、地域のリフォーム店として「住まいの”困った”を、”良かった”に!」のスローガンの下、迅速な対応と確実丁寧な施工により、地域から求められるリフォーム店を目指しています
引用:https://www.refonavi.or.jp/shop/721/

 

 

≫その他の広島のリフォーム会社はこちらで検索

 

筆者からのリフォーム会社選びのアドバイス



 

以下の人気記事で、一括見積りサイトの紹介をしていますので、ご活用ください。

 

■人気記事 リフォーム会社の一括見積り無料!
≫リフォーム会社一括見積り3選
≫外壁・屋根リフォーム会社一括見積り3選

 

広島市
福山市
呉市
広島市安佐南区
東広島市
広島市西区
広島市安佐北区
尾道市
広島市南区
広島市佐伯区
広島市中区
広島市東区
廿日市市
三原市
広島市安芸区
三次市
府中町
府中市
庄原市
安芸高田市
大竹市
竹原市
海田町
江田島市
熊野町
北広島町
世羅町
坂町
神石高原町
大崎上島町
安芸太田町

 

※一部の地域では施工エリア外となっている場合がございます。

 

広島のリフォーム会社の選び方管理人より

 

広島は戸建て住宅の数も多く、その多くが市街地のまわりを囲むように形成された団地に建っています。

 

こうした住宅が繰り返しリフォームすることから全国でもトップクラスのリフォーム需要を有する県になります。

 

こうした需要を見込んでか、全国展開しているリフォーム会社もどんどん参入してきており、地元の業者との価格競争が起きています。

 

業者との交渉を有利に運べば、お得にリフォームする事ができます。

 

良さそうなリフォーム会社が見つかったら、最初から大きなリフォームを頼むのではなく、最初は小さなリフォームを依頼して仕事ぶりを見てから大きなリフォームを頼むようにすれば失敗する確率は下げられます。

 

それでは良いリフォームライフを送れるよう祈っています。